鎌倉の農業プロジェクト「ニュー農マル」が「種芋を植えて、育てて、収穫して、食べる」までのファミリー向けじゃがいもイベントを開催中! 援農を軸にしたコミュニティ「ニュー農マル」が「Potato to your mouth 〜じゃがいもを作るから⾷べるまで〜」を開催中!

鎌倉の農家と消費者をつなぎ、これからの新しい農業のスタイルをつくるコミュニティ「ニュー農マル」(代表:河野竜二[合同会社LIFE DESIGN VILLAGE代表])は、4月にスタートした全6回のファミリー向けイベントの「Potato to your mouth 〜じゃがいもを作るから⾷べるまで〜」の最終回を6月12日(土)に行う。最終回だけの参加も可能で、当日は収穫と試食を実施する。
  • ファミリー向けのイベント「Potato to your mouth 〜じゃがいもを作るから⾷べるまで〜」最終回開催

「地域のみんなで地域の農業を守り、農業の新たな様式と価値を提案する」ことを目的として2020年9月にスタートしたニュー農マルは、農業に関わる入り口を提供するため、4月からファミリー向けのイベント「Potato to your mouth 〜じゃがいもを作るから⾷べるまで〜」を開催している。このイベントは全6回で「種芋を植えて、育てて、収穫して、食べる」ことを体験できるプログラムになっている。いつも食卓に並ぶじゃがいもがどのような生産現場で、どのように育てられ、どのように収穫されているかを知ってもらうことが狙いだ。​最終回である第6回目は6月12日(土)に開催。大事に育てた収穫作業と新じゃが実食し、さらに収穫したじゃがいもをお土産としてもって帰ることもできる。じゃがいもは「男爵」「メークイン」「アンデスレッド」「きたあかり」の4種類の種芋を植えているので、味の変化も楽しめる。
※本イベントは新型コロナウイルス対策として、アルコール消毒、マスクの着用などの対策を徹底して実施。また、新型コロナウイルスの感染状況によっては延期・または中止の可能性あり。

●「Potato to your mouth 〜じゃがいもを作るから⾷べるまで〜」活動報告
第1回目:3月6日(土)畑でオリエンテーション・種いもの選択&定植準備作業

第2回目:3月13日(土)畝づくりと種いも定植

第3回目:4月17日(土)管理作業① 土寄せ

第4回目:5月1日(土)  管理作業②   芽かき・ぼかし肥料作り

第5回目:5月15日(土)管理作業③ 土寄せ

  • 旬の野菜を届ける鎌倉野菜「ニュー農マル便」

「鎌倉野菜定期便」コロナ禍における外食機会の減少により全国的に食品ロスが問題になっているが、鎌倉でも廃棄野菜が増加している。その状況を少しでも改善すべくニュー農マルがハブになり、野菜定期便をスタート。鎌倉の農業をサステナブルにすることを目指していく。購入者にはその時その時の新鮮な旬の鎌倉野菜が自宅に届く。詳細は公式サイトを参照。

現在は鎌倉春野菜ボックスセット(税込3,500円)を販売中。詳しくは公式サイトより
http://new-normal.co.jp/

  • 活動のベースは「援農」

ニュー農マルの活動のベースである「援農」は毎週土曜日に行っている。ニュー農マルのメンバーだけでなく、プロジェクトの賛同者も加わり、鎌倉農家の畑に入り、生産性向上など鎌倉の農業のためのサポートをしている。こちらの体験者も随時募集中でホームページやSNSから問い合わせ可能。

  • 公式note.「週刊ニュー農マル」も必見

イベントや援農の活動記録を発信。農家と一緒に農作業をするからこそ聞ける、野菜の作り方や鎌倉の農家の思い、さらには収穫した野菜の美味しい調理方法など多彩なコンテンツを展開している。

■公式note. 「週刊ニュー農マル」
https://note.com/newnoumal

■ニュー農マル公式ホームページ
http://new-normal.co.jp/
お問い合わせフォーム
https://smoothcontact.jp/front/output/7f0000013cecf5dabf768338c88ab3e7

■ニュー農マル公式SNS
・Facebook
https://www.facebook.com/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E8%BE%B2%E3%83%9E%E3%83%AB-113281047134482

・Instagram
https://www.instagram.com/new_nou_mal/