マセラティMC20 ペブルビーチ・コンセプト・ローン登場 2021年にモントレー・カー・ウィークが復活

カリフォルニア州モントレー発、2021年8月16日  カリフォルニア州モントレーで開催された「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」において、マセラティのMC20が北カリフォルニアで初披露されました。トライデントブランドの新時代を象徴するMC20の、ミッドエンジン・2シーター・スポーツカーの流麗なラインを目にしたVIP観客からは称賛の声が上がりました。

ペブルビーチ・コンセプト・ローンは、カリフォルニア州で開催されるモントレー・カー・ウィークのハイライトのひとつとされています。2021年にイベントが復活し、MC20は世界中からの視線を集め、印象的なイベントとなりました(新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、2020年は開催中止)。コンセプトローンでは、先進的なデザインとイノベーションを紹介していますが、MC20の印象的なエアロダイナミクスにもそれが表れています。325km/hの最高速度を誇るMC20は、マセラティ初のカーボンファイバーモノコックを採用し、1500kg以下の軽量化を実現したスーパースポーツカーで、パワフルな新型マセラティ ネットゥーノエンジンを搭載しています。ネットゥーノエンジンは、F1由来の技術を採用したV6エンジンで、優れたパワーウェイトレシオを実現し、0-100km/h加速を2.88秒で達成しています。

新型マセラティMC20は、レーシングカーとしてのDNAを持ち、伝説的なMC12の後継モデルとしてふさわしい車です。 実際に名前のMCは、イタリア語で “レース “を意味する「マセラティ・コルセ」の略がつけられているように、630馬力のネットゥーノエンジンは、マセラティのレーシング・ヘリテージをドライバーに確実に伝えるとともに、20年以上ぶりにマセラティが自社でパワーユニットを生産することを復活させました。イタリアで製造されたマセラティMC20は、100% Made in Modenaです。

Maserati S.p.A.
マセラティは、並外れた個性で全車種において一目で認識される唯一無二の車を生産しています。マセラティは、そのスタイル、テクノロジー、そして、もって生まれた高級感により、高度な要求をする目の肥えた人々を魅了し、常に世界の自動車業界のベンチマークとなってきました。成功を収めた車の伝統は、デザイン、パフォーマンス、快適さ、優雅さ、安全性のそれぞれの観点からイタリアのスポーツカーを再定義し、現在70か国以上の市場で販売されています。現在のラインアップは、旗艦車のクアトロポルテ、スポーツセダンのギブリ、そしてマセラティ初のSUVレヴァンテであり、すべてのモデルに最高品質素材の使用し、卓越した技術を兼ね備えていることが特徴です。ギブリとレヴァンテには、トライデントブランド初の電気自動車であるハイブリッドバージョンも用意されています。V6とV8のガソリンエンジン、4気筒のハイブリッドエンジンを搭載し、後輪駆動と4輪駆動を備える充実したラインアップとなっています。パワフルな580ps V8エンジンを搭載した、ギブリ、クアトロポルテ、レヴァンテで構成されるトロフェオコレクションは、性能面においてトライデントブランドのDNAをさらに体現しています。最高級のスーパースポーツカーMC20は、革新的なネットゥーノV6エンジンを搭載し、標準生産車のパワーユニットとして初めてF1由来のテクノロジーを採用しています。現在、マセラティ製品は3つの工場で生産されています。ギブリとクアトロポルテはグルグリアスコ(トリノ)にあるアヴォカート ジョバンニ アニエリ工場(AGAP)で、レヴァンテはトリノのミラフィオーリ工場にて。MC20は、モデナの歴史的なヴィアーレ チロメノッティ工場で生産されています。