「横浜ビール」缶ビール第2弾 横浜の小麦を使用した爽やかな白ビール「横浜ウィート」新登場!神奈川・横浜を中心に7月5日(月)より順次発売 〜缶ビールを通して地元神奈川・横浜にワクワクを届けたい!〜

「株式会社横浜ビール(神奈川県横浜市中区住吉町6-68-1/代表取締役 高橋智己)」より昨年12月に発売した「横浜ラガー(缶ビール)」に続いて第2弾「横浜ウィート(缶ビール)」を2021年7月5日(月)より順次発売致します。

 

ヨコハマには横浜のビールがある
今年22年目を迎えた「横浜ビール」は、横浜に最も古くから存在するクラフトビールメーカーです。ビール造りを通して地元生産者や、飲み手の皆さまとの繋がりを大切にしてきました。
「横浜ビール」は地元の方々に「ヨコハマには横浜のビールがある」ということを知って頂き「自分達のビール」として、身近に感じて頂きたいという想いがあります。
これまで一部の店舗でしか見かけることがなかった「横浜ビール」が地元神奈川・横浜・神奈川近郊のコンビニエンスストアのお取り扱いにより、お気軽にお楽しみ頂く事が出来ます。
地元の方々に“街のビール屋”「横浜ビール」の魅力を知って頂くきっかけに繋がればと思い、缶ビール発売に至りました。

缶ビール販売に対する想い
横浜は開港160年以上経った今も、様々な文化発祥の地として魅力を兼ね備えています。ビールもその文化の一つ。様々な味わい・多様性を楽しめるクラフトビールの魅力をこの横浜から伝えたい。
横浜は日本で一番クラフトビールのブルワリー(醸造所)が密集した地域です。「横浜ビール」はこの缶ビールを通して「街の文化」や、横浜にある多様なブルワリーのクラフトビールを楽しみに、多くの方々に訪れて頂ける環境を育みたいという想いで取り組んでいます。

「横浜ウィート(缶ビール)」

商品概要
「横浜ビール」は2016年4月より「瀬谷の小麦ビール」をレギュラー商品として販売してきました。これまでは瓶ビールでの販売でしたが、缶ビールの「横浜ウィート」として新たに登場です。
「横浜ウィート」には、横浜市瀬谷区の「岩﨑農園」岩﨑 良一さんが栽培した小麦を使用しています。ビールを通して、生産者の方の人柄や想いを伝えることを大切にしている「横浜ビール」ならではの代表作です。この機会に是非お楽しみ下さい。

アルコール:5.5% / 容量:350ml
/ 賞味期限:240日(常温流通・冷暗所保管) / 店頭希望小売価格  350円(税込)

<味わい>
小麦(ウィート)を原材料に使用し、柔らかな口当たりとすっきりとした飲み口に仕上がっています。ビールのスタイル(種類)は「ベルジャンウィート」。ベルギー酵母による華やかな香りと、小麦の優しい味わいが魅力的な“横浜スタイル”の白ビールです。

<横浜市瀬谷生まれの小麦>
「横浜ウィート」には、横浜市瀬谷区の「岩﨑農園」岩﨑 良一さんが栽培した小麦を使用しています。「横浜でも小麦を生産していることを知って欲しい」そんな想いからこのビールは誕生しました。詳細は「横浜ビール」noteよりご確認下さい。
https://note.com/yokohamabeer/n/nd65f56ef4956

<横浜とビールの歴史>
横浜で初めてビールが醸造されたのは140年以上も前のこと。1858(安政5)年に横浜は開港され、西洋諸国との貿易が始まりました。その後、横浜港は日本最大の貿易港となり、幕末の横浜には最も多くの外国人が居留したのです。元号が明治に変わり「文明開化」の時代が到来。1869(明治2)年、横浜山手46番地に日本で最初のビール醸造所「ジャパン・ヨコハマ・ブルワリー」が開設され、ビールの醸造を開始しました。